馬淵史郎の評判は?ヤジが飛ぶほど地元で嫌われている?

高校野球 スポーツ

第103回全国高等学校野球選手権大会の高知県代表として出場している、明徳義塾。

今年の試合は雨続きで、3日順延の後、ようやく初戦を終え、見事1回戦突破。

甲子園の雨天中止発表はいつ?判断基準ってなに?
本日(2021年8月12日)、夏の甲子園が、雨天中止になりました。 今年の場合は、この先も雨天が予想されています。...

明徳義塾の監督、馬淵史郎氏は、名将として有名です。

しかし「馬淵史郎」と調べてみると、「嫌い」や「ヤジ」なんて言葉が出てくるんです。

 

名将と言われている馬淵史郎監督の評判が、実際どうなのか気になりますよね?

馬淵史郎監督にヤジを飛ばす人なんているのでしょうか?

 

そこで今回は

馬淵史郎監督の評判は?

馬淵史郎監督にヤジが飛ぶほど、地元では嫌われている?

ということについて調べていきます!

スポンサーリンク

馬淵史郎の評判は?ヤジが飛ぶほど地元では嫌われている?

明徳義塾を野球の名門校に育て上げたといっても過言ではない、馬淵史郎監督。

甲子園通算52勝は歴代4位になるそうです。

馬淵史郎監督が、名将だといわれるのも納得です。

馬淵史郎監督が脱臼を治した選手は誰?現在はなにをしている?
第103回全国高等学校野球選手権大会の高知県代表として出場している、明徳義塾。 明徳義塾の監督、馬淵史郎氏は、名将...

では実際、馬淵史郎監督の評判はどうなのでしょうか?

地元の大会では、馬淵史郎監督へヤジが飛ぶほど、嫌われているのは本当でしょうか?

スポンサーリンク

馬淵史郎の評判は?

松井秀喜への5打席連続敬遠

馬淵史郎監督の評判を語るうえで、外せないエピソードと言えば、「松井秀喜への5打席連続敬遠」でしょう。

1992年夏の高校野球で、当時注目選手であった、松井秀喜さんに5打席すべて敬遠するという戦略をとった馬淵史郎監督。

 

高校野球でのこの作戦に、当然批判の声が大きかったです。

これは当時、社会問題ともなりました。

この出来事は、今でも高校野球ファンに強いイメージを残しており、そのため馬淵史郎監督の評判は悪く、馬淵史郎監督が嫌いという声も多いです。

スポンサーリンク

実績や手腕がスゴイとの声

第103回全国高等学校野球選手権大会の1回戦で、県岐阜商に勝利したことで、馬淵史郎監督は、52勝を達成しています。

歴代4位の記録で、実績がスゴイですよね。

鍛治舎巧の評判で県岐阜商のユニフォームがダサいや秀岳館のパクリと批判も
第103回全国高等学校野球選手権大会の岐阜県代表として出場している、県岐阜商。 今年は雨続きで、県岐阜商の試合も順...

高校野球ファンのなかには、「馬淵史郎監督は嫌いだけど手腕はある」という声が多いです

スポンサーリンク

馬淵史郎監督が選手を思って涙!

第103回全国高等学校野球選手権大会の1回戦の勝利インタビューで、馬淵史郎監督は

「去年歌えなかった校歌は感無量だった

おそらく卒業生も歌っていたのではないか」

と涙ぐみながら答えています。

 

この馬淵史郎監督の言葉に、感動した高校野球ファンも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

馬淵史郎はヤジが飛ぶほど地元で嫌われている?

(問題のヤジは、3:05あたりから)

高知秋季大会での一幕です。

観客席から、馬淵史郎監督へヤジが飛ばされています。

 

高知県民の声として「地元では明徳はイメージが良くない」という話もあります。

理由は、出場してる選手が他県ばかりで高知県民がほぼいないことや、不祥事が何度かあったため馬淵史郎監督の資質を問う声があるそうです。

 

とはいえ、このヤジは酷いですね…。

ただ、即座に馬淵史郎監督へのヤジに対して、止める声が入っています。

馬淵史郎監督へヤジを飛ばすのは、本当に一部の人なのでしょう。

 

また、私立の強豪校は、他県から選手を引っ張ってくることが多いので、馬淵史郎監督に限ったことではありません。

むしろ、馬淵史郎監督のもとで野球がしたいと、有力選手を集められる馬淵史郎監督がスゴイですよね^^

スポンサーリンク

まとめ

第103回全国高等学校野球選手権大会の高知県代表として出場している、明徳義塾。

 

馬淵史郎監督の評判はどうなの?

地元の大会では、馬淵史郎監督へヤジが飛ぶほど、嫌われているのは本当?

ということで調べてみました。

 

「松井秀喜への5打席連続敬遠」が、高校野球ファンに強いイメージを残しており、馬淵史郎監督の評判は悪く、馬淵史郎監督が嫌いという声も多いです。

 

ただ、馬淵史郎監督は、甲子園通算52勝を達成しており、「馬淵史郎監督は嫌いだけど手腕は認める」という高校野球ファンが多いのも事実です。

 

第103回全国高等学校野球選手権大会の1回戦の勝利インタビューで、選手を思い、涙ぐむ一幕も。

これを見た野球ファンからは、馬淵史郎監督に感動した、見直したという声がありました。

 

高知秋季大会での一幕。

観客席から、馬淵史郎監督へヤジ。

地元では明徳のイメージはよくないとの声もありますが、馬淵史郎監督へのヤジに対して止める声も入っています。

馬淵史郎監督へのヤジは、一部の常識のない人たちによるものだといえます。

 

馬淵史郎監督の評判は「ヒール(悪役)」のイメージが付きやすいですが、実際は実績も手腕も申し分なく、選手思いの監督だということがわかりました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました