真鍋淑郎の年収はいくらでノーベル賞の賞金は?

真鍋淑郎年収賞金いくら ニュース

2021年10月5日、今年のノーベル物理学賞者は、真鍋淑郎(まなべしゅくろう)氏に決定したと発表されました。

真鍋淑郎氏は現在、米国プリンストン大の上級研究員。

偉大な研究者ですが、真鍋淑郎氏の年収はいくらなのでしょうか?

また、ノーベル賞の賞金はいくらなのでしょう?

気になりますね!

 

そこで今回は

真鍋淑郎の年収はいくらでノーベル賞の賞金は?

ということについて調べていきます!

スポンサーリンク

真鍋淑郎の年収はいくらでノーベル賞の賞金は?

真鍋淑郎氏は、現在、プリンストン大学客員研究員、国立研究開発法人海洋研究開発機構フェロー、米国科学アカデミー会員という肩書をもっているようです。

真鍋淑郎氏は、現在90歳ですが、超現役なんですね!

そんな真鍋淑郎氏の年収はいくらなのでしょうか?

スポンサーリンク

真鍋淑郎の給料は日本の25倍?


日本の研究職の平均年収は、500万弱だそうです。

ただ、真鍋淑郎氏は、アメリカ人で、活動拠点もアメリカですので、全く異なると考えられます。

アメリカは日本の25倍!

日本は戦後まもなくで敗戦国でしたので仕方がないとはいえ、当時から、アメリカは研究者を大切にする傾向があったのでしょう。

真鍋淑郎氏のアメリカへ国籍変更の理由もそこにあったと思われます。

博士号取得者の年収は、学術機関で6万ドル(約680万円)、民間企業で10万ドル(約1,130万円)、行政機関8万5,000ドル(約960万円)です。
アメリカ全体の平均年収が5万6,000ドル(約630万円)程度であることを考えると、優遇されていることがわかりますよね。

https://www.vision-net.co.jp/morebiz/phd_global/より引用

実際アメリカでの年収は、680~1,000万越え

真鍋淑郎氏はとても優秀な研究者ですので、年収1,000万以上は確実だといえますね。

スポンサーリンク

ノーベル賞の賞金は1億2,000万円!

ノーベル物理学賞の賞金は、約1億2,000万

ただ、1つの賞を複数で受賞していますので、3人で分配することになりますね。

とはいえ、3分の1とはいえ、大きな金額です!

スポンサーリンク

まとめ

今回は

真鍋淑郎の年収はいくらでノーベル賞の賞金は?

ということについて調べていきます!

 

アメリカの博士号取得者の年収は約680万~約1,130万。

真鍋淑郎氏はとても優秀な研究者と言うことを鑑みると、1,000万以上は当たり前といえるでしょう。

 

ノーベル物理学賞の賞金は、約1億2,000万。

今回は3人での受賞となりましたので、3分の1が真鍋淑郎氏の賞金となります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました