首都直下型地震の前震?予兆の可能性もありで不安の声

首都直下地震前震本震予兆 ニュース

2021年10月7日、千葉県北西部を震源とする最大震度5強を観測した地震。

この地震は、首都直下型地震の前震なのでしょうか?

今回もかなり揺れたので、これ以上大きい地震が来るのは怖いですね…!

 

というわけで今回は、

首都直下型地震の前震?予兆の可能性もありで不安の声

ということをまとめていきます!

スポンサーリンク

首都直下型地震の前震?予兆の可能性もありで不安の声

2021年10月7日、千葉県北西部を震源とする最大震度5強を観測した地震がありました。

かなり大きな揺れで驚いた方も多かったと思います。

 

SNSでは、「この地震は首都直下型地震の前震なのでは?」という声が多く聞かれます。

これが前震…?

今回もかなり揺れたのですが、これ以上大きな地震が来るということでしょうか?

スポンサーリンク

首都直下型地震の前震の可能性は?

気象庁は会見で、国が想定する首都直下地震との関係について、
「想定されている首都直下地震はもう少し浅くて大きな地震で、今回はそれより深い地震で規模も少し小さかったというふうに考えている」と述べました。

ということは、今回は「首都直下地震」とは言えないということですね。

 

ただ、今回の震源地は、首都直下型地震の想定震源域の範囲内です。

今回の地震は、地震のマグニチュードと震源の深さからいうと、首都直下型地震とは言えないが、首都直下型地震の想定震源域で揺れている。この2つを考えると、これが前震である可能性も否定できませんよね。

 

実際、過去の地震の経験から注意を呼び掛けている人も多いです。

過去、東日本大震災も熊本地震も、前震がありましたよね。

この2つの地震で、「余震」の他に、「前震」「本震」という言葉が、知られるようになりましたよね。

 

また、離れたところで起きていた地震も、実は前兆なのではないかと言われています。

先月、岐阜県飛騨地方で、群発地震が起きています。

その際に、この岐阜県飛騨地方の群発地震について、大地震の予兆の可能性を調べました。

東日本大震災のパターンを考えると、確かに怖いですよね。

 

気象庁は、今回の地震に関して、以下のように答えています。

「前震本震余震は一連の活動の後にわかるもの」だから「わからない」と答えたという内容ではありますが、言ってみれば、「地震予知はできない」ということですもんね。

「わからない」というのが怖いですよね。

 

ということで、とにかく何があってもいいように備えはしておくのがいいですよね。

防災グッズの見直しも必要ですので、忘れずにやりましょう!

 

SNSでは、同じように考えている人も多いので、売り切れも予想されます。

なるべく早く行動したいですね…!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

首都直下型地震の前震?予兆の可能性もありで不安の声

ということをまとめていきます!

 

2021年10月7日、千葉県北西部を震源とする最大震度5強を観測した地震がありました。

今回の地震は、地震のマグニチュードと震源の深さからいうと、首都直下型地震とは言えないが、首都直下型地震の想定震源域で揺れている。この2つを考えると、これが前震である可能性も否定できませんよね。

 

先月、岐阜県飛騨地方で起きた、群発地震との関連も指摘されています。

東日本大震災の前には、岐阜県飛騨地方で群発地震が起きています。

岐阜県飛騨地方で起きた地震の件もありますし、首都直下型地震の予兆の可能性もありますね。

 

気象庁もしばらくは注意を呼び掛けていますので、備えをしておきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました