マイホームに和室は必要?和室なしを選択した我が家の体験談

家・和室 マイホーム

マイホームの間取りを考えるときって、とても悩みますよね。

私が初めて設計士さんからもらった間取りは、和室なしでした。

マイホームに和室があるのが当たり前だと感じていた部分があったので、この提案に最初はびっくりしました。

ですがそこで初めて、マイホームの和室の必要性をあらためて考えることになりました。

 

結果として、私たちのマイホームは和室なしの間取りに決定しました。

  • マイホームに和室は必要か
  • マイホームで和室なしの生活をしてみて、実際どうなのか

今回は上記の点について、体験談を交えてお話ししていきます!

スポンサーリンク

マイホームに和室は必要?

マイホームに和室がなしの場合の間取りを初めて提案されたときは驚いたのですが、昨今の新築住宅においては、和室がない家も多いようです。

 

和室を使うシーンが少なくなっていること、畳の手入れが大変なことが主な理由に挙げられているようです。

しかし一方で、和室の過ごしやすさや、畳の魅力も捨てがたく、和室を必要とする意見も根強いです^^

マイホームで和室なしを選択した、我が家の理由

もし、予算に余裕があり、ほかの部屋も十分な広さが確保できていて、そのうえでもう一部屋作ろうか。

となった時は、私たちも和室を作っていたと思います。

 

しかし、限られた予算のなかで、ほかの部屋ももう少し広くできたらな。

と思っている時に、それを削ってでもマイホームに和室をつくる必要性があるのかと考えました。

 

結論として、私たちのマイホームには和室は必要ないと思いました。

理由は、自分たちの和室の使用用途が、ほかの部屋でまかなえてしまったためです。

これが私たちのマイホームは和室なしにした一番の理由でした。

 

マイホームに和室が必要か、不要かを考えるときには、和室の使用用途を洗い出し、和室でしかできないことなのかを考えることが大切です。

スポンサーリンク

和室の使用用途を考えよう

私は最初、「マイホーム=和室=必要」と、セットのように、和室はあって当たり前だと思っていました。

 

ただ、私たちのマイホームに和室なしを提案してくれた設計士さんから

「和室はどういう目的で使用しますか?」

「どういった時(シーン)に使用しますか?」

という質問をされたとき、なんとなくマイホームには和室が必要と思っていたことに気づきました。

 

そこで改めて和室の使用用途を考えてみることにしました。

我が家の場合、和室の使用用途として挙げられたのがコチラ。

  • ごろ寝できるところが欲しい
  • 子どもを遊ばせる部屋が欲しい
  • 客間にしたい

ご家庭によっては、

  • 仏間にしたい
  • 雛人形などをかざりたい
  • 趣味の部屋(お茶や生け花)にしたい

という声も多いと思います。

次にこの使用用途が、和室である意味(和室でしかできないことなのか)を、検討してみましょう。

スポンサーリンク

使用用途が和室でしかできないことなのかを考えよう

和室の使用用途をお話しした際に、設計士さんからいわれたのが、

「それって和室じゃなきゃ駄目ですか?」

という言葉。

 

〇〇するなら和室!という固定観念が私にありました。

考えてみれば、別に和室じゃなくてもいいんじゃないか?ということに気づいたのです。

 

というわけで、次は和室の使用用途が、和室でしかできないことなのかを考えていきます。

まずは、先ほど挙げた我が家のケースから考えていきましょう。

和室の使用用途① ごろ寝できるところが欲しい

我が家の場合、リビングとつながっている部分に、和室もしくは畳スペースが欲しいと思っていました。

畳にごろーんと横になりながら、テレビを見たいと思ったからです。

 

しかし、我が家はリビング続きで1階に寝室があります。

そう!気軽にベットにごろーんとできてしまう環境が、すでに整っているのです。

 

さらに、テレビを見ながら畳でごろんとしたい。

という希望を叶えるためには、間取りがかなり制限されます。

和室(畳スペース)がテレビの見える位置に固定されてしまうため、和室(畳スペース)ありきで間取りを調整する必要があるからです。

 

その結果、

ごろ寝は寝室でできるし、ごろ寝のためにリビングの間取りが制限されるのは嫌。

ということで、ごろ寝のための和室は必要ないという結論になりました。

和室の使用用途② 子どもを遊ばせる場所が欲しい

マイホームを考えている世代は、子育て世帯が多いのではないでしょうか。

リビングで子供を遊ばせると、おもちゃでいっぱいになってリビングが片付かないから、和室を子供の遊び場にしたいと考えていました。

 

しかし、我が家はスキップフロアがあります。

もともとこのスキップフロアは、子供の勉強スペースで計画していました。

だったら小さいうちは、そこを遊び場にさせればいいのではないかということに気づきました。

 

その結果、

子どもの遊ぶ場所はスキップフロアにする。

ということで、子どもの遊ぶ場所のための和室は必要ないという結論になりました。

和室の使用用途③ 客間にしたい

マイホームを建てると、家族や友達が遊びにくることも多くなるかもしれない。

その場合、やはり客間は必要。客間=和室だとなんとなくのイメージがありました。

 

でも我が家の場合、両親はフルタイムで働いていて、そもそも泊まりで遊びに来ることも少ない。

友達もまだ子供が小さい子が多いので、なかなか泊まりで遊ぶこともない。

そう!そもそも客間を使う機会が少ないのです。

 

さらに、客間が和室である必要もないのです。

和室にすると、畳のお手入れやお掃除も気を付けなければなりません。

ズボラ主婦の私が、使用頻度の低い部屋の掃除ができるとは思いませんでしたし、手入れがめんどくさいと思ってしまいました。

客間はフローリング!という思考になるのは、早かったです(笑)

 

1年のなかでも片手で数える程度しか使わない部屋をつくるより、ほかのところにお金をかけたい。

ということで、客間としての和室は必要ないという結論になりました。

スポンサーリンク

なんとなく和室をつくるのはNG

もちろん家庭によって、状況は異なります。

例えば、趣味がお茶やお花だった場合、マイホームに和室が必要になると思います。

立派な仏壇がある場合も、マイホームに和室は必須です。

 

また我が家の場合は、ごろ寝や子供の遊び場などが、他の部屋で代用できると思えたのですが、

「ごろ寝は畳に限る!」

というようなこだわりがある場合は、マイホームに和室は必要ですよね。

 

大切なのは、マイホームで和室が必要な理由をしっかりと考えることです。

私の初めの考えのように「なんとなくマイホームに和室は必要」という感覚だけで和室をつくると、後悔ポイントに繋がりかねませんので注意が必要です。

スポンサーリンク

マイホームで和室なしの生活をしてみて、実際どうなのか

結論から言えば、マイホームで和室なしの生活をしてみて、特に支障はありません。

 

ごろ寝は、寝室どころか、リビングのソファーの上でごろ寝しています(笑)

 

子どもの遊び場は、スキップフロアと2階の子供部屋。

下の子が生まれてからは、細かいおもちゃは2階の子供部屋に上げたので、子供部屋の一室は上の子専用の遊び場になっています。

 

我が家は予算の都合で、客間自体を作ることをやめて、今は使用していない子供部屋のもう一室を客間として使用しています。

 

ただ、マイホームを和室なしにしたことによる後悔ポイントが2点あります。

 

1点目は「五月人形を飾る場所をしっかりと考えていなかったこと」です。

我が家の五月人形は、マイホームを建てる前に購入しています。

その時は、「マイホームには和室が必要」となんとなく思っていたときでしたので、床の間に飾るようなイメージで鎧を購入しました。

 

年に1回のことだし、まあリビングに置けるでしょ!と、なんとなく思っていて、どこに飾るかしっかりと決めていませんでした。

しかし実際は、ドアや家具があって置けなかったり、動線の邪魔になってしまって、思ったより飾れる場所がありませんでした。

 

というわけで、マイホームで和室なしを選択した場合は、床の間の代用となるスペースをつくることをおススメします!

家の一角にそういうスペースがあれば、節句のときだけでなく、普段からお花を飾ったり、雑貨を置いたりして楽しめますよね。

 

2点目は、予算の都合で客間をあきらめたことです。

今は、使っていない子供部屋を客間として使用していますが、子どもが子供部屋を使うようになったら、来客があった時に泊まる場所はリビングになってしまいます。

気心の知れた人しか泊まりませんが、やはり客間は欲しかったなと思っています。

 

ただ、2点とも和室にしなかったから後悔しているのではなく、代替するスペースを作らなかったから後悔しているだけなんです。

となると、やはり我が家のマイホームには和室は必要なかった、なしで問題なかったということになります。

スポンサーリンク

まとめ

マイホームに和室が必要かどうかというのは、和室を使う目的やシーン、頻度によって変わっていきます。

次にその目的などは、和室でしかできないことなのかを考えます。

そのうえで、自分たちのマイホームには和室が必要なのかを決定すると良いでしょう。

 

上記のことを検討した結果、私たちのマイホームには和室なしという選択しましたが、実感として生活するうえで不便はありません。

マイホームの和室なしにした分のお金と空間で、1階に主寝室をつくることができました。

私たちにとっては、有意義な選択だったといえます。

 

マイホームに和室が必要かどうかを考えるときは、和室があればなにかと便利そうだし、とりあえず和室をつくっておこう!という考えは辞めましょう。

 

予算には限りがあるので、家づくりは、常に取捨選択の嵐です。

「とりあえず」や「なんとなく」で決めてしまうと、後々、やっぱりこっちにお金をかけておけばよかった!と後悔することも多いです。

マイホームで和室が必要な理由をしっかりと考えて、後悔のない家づくりを目指しましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました