新築のマイホームの窓にシャッターは必要?つけることにした我が家の体験談

家・シャッター マイホーム

「マイホームの窓にシャッターを付けますか?」

と、割と早い段階でマイホームにシャッターが必要かを聞かれることも多いと思います。

 

私たちも、契約前のヒアリングで、マイホームの窓にシャッターは付けますか?という質問をされました。

最近の新築には、シャッターを必要としない家も多いということは、この時に教えてもらいました。

 

私たちは悩んだ結果、「私たちのマイホームにはシャッターが必要だ」と判断し、シャッターを付けてもらうことにしました。

皆さんも、いろんな理由で、新築にシャッターが必要か悩んでいると思います。

  • なぜマイホームにシャッターが必要だと判断したのか
  • 新築にシャッターを付けて、実際、外観などの見た目はどうなの?
  • マイホームの窓にシャッターをつけて良かったこと
  • マイホームの窓にシャッターをつけて後悔したこと

今回は、実際にマイホームの窓にシャッターを付けた我が家の体験談をお話しします。

スポンサーリンク

新築の窓にシャッターは必要なのか?

最近の新築にシャッターが必要なのか迷っている人は

  • シャッターをつけると、外観が崩れる
  • シャッターをつけると、天井までの大きな窓が作れない
  • シャッターに代わる機能がある窓がある(防犯ガラスの窓など)
  • シャッターの防犯効果がイマイチだという意見もあり、費用対効果を考えると疑問

という理由が多いのではないかと思います。

 

たしかにシャッターをつけると、シャッター収納部分がボコっと主張するので、外観を崩す心配があります。

また、シャッターをつける分、窓の上はシャッターのスペースを開けておかないといけないので、天井ぎりぎりの大きな窓を作ることができません。

最近は、シャッターに代わる機能のある窓も多いです。

割れにくくなっている防犯ガラスや防火地域などで使われることの多い防火ガラスなどがあり、シャッターの代わりにそういった窓ガラスを採用するという選択肢もあります。

 

さらに、シャッターといえば、防犯効果と思っていましたが、空き巣にとって、シャッターを開けることは特に難しいことではないという意見もあり、そうなると、マイホームの窓にシャッターをつけるだけの費用と効果のバランスはどうなのか…と思いますよね。

 

私たちも、設計士さんから最初は同じことを言われて、同じように悩みました。

スポンサーリンク

新築のマイホームの窓にシャッターが必要だと感じた我が家の理由とは?

それでも、そのうえで私たちのマイホームにはシャッターが必要だと判断しました。

その理由を話すと、最初は「新築の窓にシャッター、必要ですか?」と言っていた設計士さんも

「その場合、ぺんたさんのマイホームの窓にはシャッターが必要ですね!」

と、共感してくれました。

 

私たちのマイホームにシャッターが必要だと判断した理由は主に2つあります。

  • 遮光性
  • 防犯対策

新築にシャッターが必要だと判断した理由①遮光性

夫は、隔週で夜勤のある仕事をしています。

9時ごろ帰宅し、11時ごろ就寝、18時に起床という生活を送っているのですが、昼間に寝るというのは本当に大変なんだそうです。

 

なにが一番困るかって、「太陽の光」らしいです。

部屋が明るいと寝られないのです。

もちろんマイホームを建てる前は、遮光カーテンにしていましたが、そこから漏れる光が気になって眠れないんだそう。

 

マイホームでは、寝室は昼間でも真っ暗な環境にしてほしい。という夫の希望もありました。

となると、シャッターの遮光性は抜群です。

新築の窓にシャッターが必要だと判断した、1つ目の理由は「昼間に寝るための完璧な遮光性」が必要だったからです。

新築にシャッターが必要だと判断した理由②防犯対策

マイホームの窓にシャッターをつけなくても、最近の新築は防犯性の高い窓(ガラス)もあることは、もちろん知っていました。

そのうえで、私のマイホームの窓にシャッターをつけたのは「防犯対策」です。

 

というのも、「見た目からあたえる印象」が違うからです。

私の住んでいる地域は、全国的に見ても空き巣被害が多い地域です。

近所のほどんどの家の窓には、シャッターがついています。

そんななか、一軒だけ窓にシャッターがついていない新築の家というのは、悪目立ちするような気がしたのです。

 

シャッターと防犯性の高い窓、防犯目的での機能性に差異はないかもしれません。

しかし、防犯性の高い窓であるかどうかは、遠目ではわかりにくいですよね?

 

一方、シャッターは一目瞭然です。

シャッターがある家の方が、空き巣が「この家は辞めておこう」という心理になるのではないか?と考えたのです。

新築にシャッターが必要だと判断した2つ目の理由は、「侵入抑制効果がある防犯対策」したかったからです。

スポンサーリンク

新築にシャッターを付けてみて実際に外観などの見た目はどうなの?

結論から言えば、「思っていたよりシャッターは全然目立たない」と思いました。

 

これは個人の感覚的なものかもしれませんが、

「マイホームの窓にシャッターを付けると、外観が崩れる、ダサくなる

と、いろんなところで言われてた(書かれていた)ぶん、ものすごく覚悟していました(笑)

 

しかし実際、新築にシャッターをつけたマイホームを見たときに

「あれ?別にそこまで悪目立ちしてないよね?」

と感じました。

 

我が家の外壁は、主に黒いガルバリウムを使用していて、そこに黒色のシャッターを付けたので、あまり目立たなかったのかもしれません^^

シャッターを付けたいけど、シャッターの存在感が気になる!という人は、外壁の色とシャッターと色を揃えると良いですよ!

スポンサーリンク

新築のマイホームの窓にシャッターをつけて良かったこと

実際にシャッターを付けてみて、当初の目的以外にも「マイホームの窓にシャッターを付けていてよかったな」と良かったことがありますので、ご紹介します。

  • 想像以上の安心感
  • 防風・防塵にはさすがの効果
  • 遮光性能は子育て世帯に役立つことが多い

マイホームの窓にシャッターをつけて良かったこと①想像以上の安心感がある

シャッターを閉めたときの要塞感がすごくて、想像以上の安心を得ることができました。

 

私自身が怖がりだということもあるので、

「夜、もし窓の向こうに人が立っていたらどうしよう…」

と、妄想してしまうことがあります(笑)

そんなとき、シャッターは外からの視線が遮断できるし、中から外が見えることもないので、心理的に安心できます。

 

また、「シャッターは空き巣はすぐに開けられる」という点で、防犯性に不安な点もありましたが、シャッターの開閉音って良くも悪くも大きいです(笑)

在宅中(しかも夜中だったら余計)に、シャッターの開く音がしたら、絶対に気づきます。

その点から、私が空き巣の立場だったら、やっぱりシャッターのある家は狙わないと思います。

 

特に我が家は、夫が夜に仕事で家を空けるので心細いのですが、シャッターの存在が心細さを軽減してくれています。

マイホームの窓にシャッターをつけて良かったこと②防風・防塵にはさすがの効果

「シャッターも台風の時は壊れるから、防風の効果は限定的」という話も聞きました。

マイホームに住みだしてから、台風の直撃にあったことがないので、シャッターが壊れるほどの暴風に見舞われたことがありません。

 

しかし、もともと風の強い地域であり、田舎で建物があまりないため、台風じゃなくても風の吹きこみがすごいんですよね。

シャッターを閉めると、風の音は少し軽減されますし、風とともに田畑の土埃(石も混じっています)が飛んでくるのですが、それも防ぐことができます。

 

シャッターが壊れるほどの暴風になると、確かに効果はわかりませんが、我が家の場合、強風程度の防風・防塵の効果はかなり感じています^^

マイホームの窓にシャッターをつけて良かったこと③遮光性能は子育て世帯に役立つことが多い

夫の夜勤対策だと思っていた、シャッターの遮光性能。

子どもが生まれてから、シャッターの遮光性能の高さに助けられていることが多いです。

 

夏になると、日が長いですよね。

20時までに寝かそうと思うと、寝かしつけ開始は19時台。

まだ外、明るいし…。って思いませんか?(笑)

寝かしつけ環境としては、真っ暗が理想的ですよね。

 

同じく、朝も一緒です。

本当に子どもって日の出とともに起きてくるんですよね…。

夏の日の出って、早いと4時台。

マイホームに住む前は、外が少しでも明るくなったら、その光で起きてしまうので、夏は5時に起床でした。早い…(笑)

 

ただシャッターを閉めてしまえば、本当に真っ暗になるので、寝かしつけも早起きすぎる問題も、シャッターの遮光性能の高さにより解決できました^^

 

また、うちの子どもは、なぜか雷の音よりも光を怖がるのですが、シャッターを閉めてしまえば、その光も遮断されます。

そうすると、子どもも安心するようです。

まだ雷が遠いうちから、光だけは届いてしまうので、長時間ギャン泣き&べったりで困っていたので、助かりました。

今では「雷きたからシャッター閉めよ!」と言うようになりました^^

 

シャッターの遮光性が、子育てシーンにおいては役立つことが多いのは、嬉しい副産物でした!

スポンサーリンク

新築のマイホームの窓にシャッターをつけて後悔したこと

私たちの場合、新築にシャッターが必要だと判断して、実際にマイホームの窓にシャッターがある状態で暮らした結果、メリットのほうが多いと感じているので、「後悔していることはない」です。

 

一番懸念していたのが、「外観」だったのですが、前述にもあるとおり、個人的には大して気にならなかったです。

もちろん、この点については、人によっての感じ方の違いがありますので、気になるか気にならないかは人それぞれかと思います。

 

また、天井までの大きな窓については、諦めざるをえません。

 

私たちの場合は、窓を大きくしすぎると、カーテンなども特注サイズにしないといけないなど、なにかとお金がかかるという点や、もともとそこまで大きな窓にこだわりがなかったということもあり、問題ありませんでした。

天井までの大きな窓にしたいというこだわりがある場合は、シャッターを付けるのは難しいかもしれません。

 

そのほかに、後悔していることを強いて挙げるなら「採風シャッター」「電動シャッター」にすればよかったということくらいです。

予算の関係で諦めてしまいましたが、防犯性を損なわず、窓を開けっぱなしにできる「採風シャッター」や、虫が侵入する心配がなくボタン一つで開閉できる「電動シャッター」は、やはり魅力的です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、実際にマイホームの窓にシャッターを付けた我が家の体験談をお話ししました。

  • シャッターは予想よりも悪目立ちしなかった
  • 新築にシャッターをつけることによる防犯対策は、侵入抑制効果もある
  • 防風・防塵効果は、かなり感じることができる
  • シャッターの遮光性は、夜勤がある人だけでなく、子育て世帯にも役立つことがある

我が家の場合は、新築にシャッターは必要だと判断し、実際シャッターを付けて満足しているという結論になりました。

ただし、外観に関することは個人の感性によって違いますし、天井までの大きな窓が付けられないなどの制約もあります。

 

自分たちのマイホームにシャッターが必要かどうかを決めるときに、この記事がひとつの参考になればうれしいです^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました