マイホームの子供部屋は仕切りなしにするか悩んで個室を選んだ理由とは?

家・子供部屋仕切り マイホーム

マイホーム計画中、子供部屋について、近年の新築事情に驚いたことがありました。

マイホームの子供部屋は仕切りを作らない家が増えているということです。

 

個室が必要になるまでは、マイホームの子供部屋は壁などで仕切らずに、広い一つの部屋にするという考えは、家づくりについて調べるまで、全く思いつかなかったので、新鮮でした。

確かにまだまだ使わない子供部屋を、広いプレイルームとして有効活用できるのは魅力的でした。

 

でも結局、私たちのマイホームの子供部屋は、仕切りなしの大空間は諦めて、最初から6畳の二部屋の個室を作ることにしました。

マイホームの子供部屋の仕切りなしで、2部屋を1部屋にするという最近人気の間取りを取り入れず、最初から子供部屋を個室にしたのか、今回はその理由と実際の感想をお話しします。

スポンサーリンク

マイホームの子供部屋の仕切りなしはどういった利点があるのか

マイホームの子供部屋の仕切りなしというのは、隣り合った子供部屋を仕切る壁などを作らないということです。

 

子供部屋を壁などで仕切らない場合、どういった利点があるのか考えてみました。

  • 広いプレイルームが確保できて、子育て中に役立つ
  • 必要な時期に、適切な形(壁・扉・収納)で、仕切りを作ることができる
  • 仕切りをつくる費用も10数万程度で、比較的安価に工事ができる

 

例えば、もともと子供部屋を6畳×2部屋を計画していた場合、間仕切りをしなければ、12畳の広い一部屋になるわけです。

リビングに次ぐ広さになるので、広いプレイルームができるのは子育て世代には嬉しいです。

 

また、個室が必要だと思った時に、きょうだいの性別や、きょうだい仲次第で、適切な形を選択して仕切ることができるのも良いですよね^^

壁で仕切るのはもちろん、収納引き戸や全面本棚など、様々な形が選択できるようです。

さらに、引き戸を選択した場合は、子供が巣立ったあとは、簡単に一部屋に戻すことができますね^^

 

また、仕切りを作る工事も数十万の費用で済むこと多いようで、思ったより安価にできるんだなという印象を持ちました。

 

上記のような利点を理解しつつ、悩んだ末に、我が家のマイホームの子供部屋は仕切りなしをやめて、最初から個室をつくることに決めました。

スポンサーリンク

マイホームの子供部屋の仕切りなしをやめて個室を選んだ理由とは?

我が家が、子供部屋を個室にした理由は、主に4つあります。

  • 三兄妹の次男の夫の意見を参考にした
  • 2人目以降の性別がわからなかった
  • 2階のプレイルームは果たして使うのか
  • マイホームハイが終わったあとの出費は辛い

三兄妹(次男)の夫の意見を参考にした

私は一人っ子なので、兄弟のいる感覚があまりわかりません。

しかし、夫は三兄妹の次男

子供部屋に対する不満は、ずっと持っていたようで…。

 

というのも、夫の家庭の場合、妹は部屋も離れており、完全個室を与えられていた一方、兄とは小学校卒業まで同じ一部屋で過ごし、中学生からはその部屋を引き戸で仕切っていたそうです。

夫は、これが本当に嫌だったというのです。

 

仲が悪いわけでもなかったようですが、そうだとしても、引き戸の場合はプライバシーもなにもなかったし、そもそも部屋が隣あっていること自体も嫌だったそうです。

同性だから良いじゃん。と私は思ってしまうのですが、男の子の思春期は難しいようです。

 

というわけで、夫は子供部屋にこだわりがありました。

  • 絶対に個室
  • できれば隣り合っていない方がいい

という子供のプライバシーを尊重するというものでした。

私も自分の子供のころを思い出してみると、子供なりにプライバシーには配慮してほしいと感じた記憶はありましたので、夫の意見に賛成でした。

2人目以降の性別がわからなかった

マイホーム計画中は、まだ下の子は生まれておらず、性別ももちろんわかりませんでした。

上の子は男の子でしたので、もし下の子ができて、女の子だった場合、異性兄妹となります。

 

異性兄妹の場合、マイホームの子供部屋の仕切りなしで過ごせる期間というのは、思ったより短いのではないか…と思ったのです。

また、前述のとおり、もともと同性兄弟の場合でも、「子供部屋は隣り合っていないほうが良い」という夫の希望もありましたので、どっちでも対応できるように、最初から個室にすることにしました。

2階のプレイルームは果たして使うのか

広い空間を子供の遊び場に使えますよ!と言われたものの、「本当に2階の遊び場って使うのかな?」という疑問が生まれました。

 

2階のプレイルームは、子供たちだけにしておけないので、家事が進まない。

結局、1階のリビングで遊ぶだけになるのではないか。と思ったのです。

そう考え出すと、そんな広い部屋が必要なんだろうかという疑問と、マイホームの子供部屋の仕切りなしにするメリットが一気に半減する気がしたのです。

マイホームハイが終わったあとの出費は辛い

マイホーム計画中は、連日のように大きな金額を聞くので、金銭感覚が狂ってしまいます。

なので、仕切り壁を作る費用が数十万と聞いて、「安いじゃん」と思ってしまうマイホームハイになってしまいがち。

 

でもマイホームに住んで数年後、すっかりマイホームハイもなくなったあとに「仕切り壁を作るための数十万の出費」って、思ったよりダメージが大きくないですか?

仕切り壁をつくりたいと思った数年後が、どのような生活をしているかわかりませんし、教育費や入学準備、マイホームの修繕など、お金をかかる時期かもしれません。

 

我が家は、数年後の数十万の出費が怖かったというのもあって、最初から個室をつくることにしました。

スポンサーリンク

マイホームの子供部屋を最初から個室にした結果

マイホームで子供部屋の仕切りなしにして広いスペースをつくるということは諦めて、最初から6畳×2部屋の子供部屋(個室)を作る選択をした私たち。

住んでみて、感じたことはコチラ。

  • 2階のプレイルーム(子供部屋)は、めっちゃ使う。確かに広いプレイルームは魅力的だった。
  • 1部屋はレゴの部屋。もう1部屋は夫の第2の寝室として使用。
  • 子供が巣立ったあとは客間と書斎(趣味の部屋)にする?

 

マイホームの子供部屋を仕切りなしにしたら、広いプレイルームとして使えるが、そもそも2階のプレイルームは果たして使うのか?ということを検討し、結果、使い勝手が悪いからあんまり使わないと思うと結論付けたのは前述のとおりです。

 

しかし実際は、めっちゃ使いました!

 

我が家の子供部屋も1部屋が、上の子のレゴ専用ルームになっています。

レゴはその子供部屋以外に持ち出さないというルールを決めていて、下の子がまだ1歳なので、そういう部屋を決めておけば誤飲のリスクも減らせるので助かっています。

土日にパパと一緒にレゴルームで必ず過ごしますし、平日も一人で遊んでいたりしますので、使用頻度は高め。

というように2階に遊び場は、私の予想以上に使われています。

 

今ある6畳の2部屋を1部屋にすれば、12畳。

その広さがあれば、大型のおもちゃを置けますし、リビングもゴチャつかず良いですよね^^

また、お友達が来た時もその部屋で遊んだりできたな…と思いました。

マイホームで子供部屋の仕切りなしにして広いスペースをつくってそこをプレイルームにするという使い方は、とても有効な使い方なんだなと思いました!

 

ちなみに、もう1部屋は、夫の第2の寝室になっています。

我が家の主寝室は1階のリビングの隣にあるため、夜勤の夫が昼間寝るときに、子供の声がうるさくて寝れないときは、2階の子供部屋で寝ています。

マイホームの1階を寝室にした場合の気になる住み心地や注意点をお話しします
私たちのマイホームは、1階に寝室、2階は子ども部屋が2部屋のみという「半平屋」風の間取りです。 平屋にあこがれては...

マイホームの子供部屋を仕切りなしにして広いスペースをつくるというのは、すごく有効な使い方なんだということは実感できました。

しかし我が家の場合、本来の子供部屋として使用する前から、レゴルームと第2の寝室という使用用途が2種類ありました。

その場合は個室にしておいてよかったと思いました。

 

また、予算の都合で、我が家は最低限の部屋しか作れなかったため、客間や書斎(趣味の部屋)がありません。

子供が巣立ったあとは、そういう用途に使える部屋にしたいなと思っています^^

スポンサーリンク

まとめ

マイホームの子供部屋の仕切りなしにして、2部屋を1部屋にするという最近人気の間取り。

検討した結果、私たちは最初から2つの子供部屋(個室)を作る選択をしました。

今回はその理由と、実際の感想についてお話ししました。

 

我が家の場合は、子供達同士のプライバシーも尊重したいという理由から、子供部屋は隣り合っていませんので、物理的に2部屋を1部屋にすることはできません。

実際に、子供部屋を仕切って、最初から個室にした場合、子供のプレイルームと夫の第2の寝室というように二通りの使い方ができる利点がありました。

また、将来、マイホームの子供部屋の仕切り壁をつくる工事も必要ないので、コストダウンになります。

 

ただ、マイホームの子供部屋を仕切りなしにして、2部屋を1部屋として使用する場合、リビングに次ぐ大きな空間になるため、子供のプレイルームとして使用できたりするのはとても魅力的でした。

 

私の体験談が、マイホームの子供部屋の仕切りをどうするか悩んでいる人の参考になればうれしいです^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました