花巻東の佐々木監督は名将で大谷翔平らを輩出するも指導法にバッシングの声も?

花巻東 佐々木監督 名将 バッシング スポーツ

花巻東の佐々木監督は、これまで、大谷翔平選手や菊池雄星選手を育ててきた監督です。

個人的には、もちろん名将でしょう!と思っていたのですが、花巻東の佐々木監督の指導法にバッシングの声もあるようですね。

名将なのか迷将なのか。

世間の評判やSNSの声は、どちらが多いのでしょうか?

 

というわけで今回は、

花巻東の佐々木監督は名将で大谷翔平らを輩出するも指導法にバッシングの声も?

と題してまとめていきます。

スポンサーリンク

花巻東の佐々木監督は名将で大谷翔平らを輩出するも指導法にバッシングの声も?

花巻東の佐々木監督ですが、大谷翔平選手や菊池雄星選手らを育ててきたことで有名ですよね。

2人の育成を評価され、日本スポーツ学会大賞を受賞したこともあります。

 

花巻東は、最近の強豪校に多い、他県から選手を寄せ集めることは少なく、地元の選手で構成されているところも評価が高いようです。

大谷翔平選手や菊池雄星選手らを育ててきたことだけでなく、地元選手のみを起用して、全国大会でも活躍できる強豪チームである、花巻東。

その監督である佐々木監督の評価は高いように思います。

 

「花巻東の佐々木監督は名将!」

「花巻東の佐々木監督の手腕はスゴイ!」

という声が多いですね。

 

ちなみに、花巻東の佐々木監督の息子といえば、同校の選手でもある佐々木麟太郎さんです。

大谷翔平選手や菊池雄星選手らを育ててきた

花巻東の佐々木麟太郎さんは体格がとても良いのですが、一部ではデブは活躍できないという厳しい声もあがっています…。

そんな声をはねのけ、佐々木監督が率いる花巻東の活躍が楽しみですね。

 

しかし、花巻東の佐々木監督の指導法にバッシングの声があるのも事実です。

それはどうやら、「サイン盗み」の件が尾を引いているようです。

スポンサーリンク

花巻東の佐々木監督に根強いバッシングの声も?

2013年の夏の甲子園において、対戦校の鳴門から

「走者がサインを出しています、って言いました。露骨にやったんでもう(球審に)言おうと」

という申告が球審にありました。

サイン盗みとは、捕手のサインを見てコースや球種を伝える行為であり、もちろん大会規定では禁止行為。

 

審判も

「(疑わしい動作が)わかったので、試合を止めて、審判の判断で注意に行きました」

と説明。当該選手に注意し、ベンチには注意したことを伝えて試合を再開。

 

結局、対戦校の鳴門は、花巻東に負けたわけですが、試合後の監督のインタビューがまずかったのです。

花巻東・佐々木洋監督(千葉の行為について聞かれ)えっ?

注意されてました?

見ていなかったので、全然分からないです。(数分後に再び記者から質問されると)ああ!

思い出しました。千葉がズボンをポンと触っていたのをサインを出しているのではないかと相手捕手にアピールされたんです。わざわざズボンを触って、手でサインを出すなんてことはないです。

日刊スポーツより引用

しらばっくれていると思われてもおかしくない返しですよね。

 

真相は結局明かされないままでした。

当時はかなり話題になり、花巻東も監督の佐々木監督もかなりのバッシングがあったようです。

 

現在も花巻東が試合をすると、一定数「サイン盗み」 の件を思い出す人もいるようです。

 

確かに大谷翔平選手や菊池雄星選手らを育ててきた監督の印象とは、この「サイン盗み」の件は、少し異なる気もしますね…。

とはいえ、やはり岩手県でここまで強豪校を作り上げてきた花巻東の佐々木監督の手腕は素晴らしく、名将だといえるでしょう。

 

他校でも名将と言われる監督は多いですよね。

ただ、明徳義塾の馬淵史郎監督も名将と言われながらヤジを飛ばされたり、県立岐阜商の鍛治舎巧監督も批判されることもあるそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

花巻東の佐々木監督は名将で大谷翔平らを輩出するも指導法にバッシングの声も?

と題してまとめました。

 

花巻東の佐々木監督ですが、大谷翔平選手や菊池雄星選手らを育ててきたことで有名です。

また、地元選手のみを起用して、全国大会でも活躍できる強豪チームにした佐々木監督の手腕を評価する声も多いです。

 

しかし、花巻東の佐々木監督の指導法にバッシングの声があるのも事実です。

2013年の夏の甲子園の際に問題になった「サイン盗み」の件が尾を引いているようです。

その時の花巻東の佐々木監督のインタビューが、しらばっくれているような態度だったことや、そもそも「サイン盗み」はルール違反です。

現在も花巻東が試合をすると、一定数「サイン盗み」 の件を思い出す人もいるようですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました