「婚姻届に判を捺しただけですが」第4話の指輪のブランドはカルティエでいくら?

ハンオシ指輪ブランド ドラマ

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話、百瀬柊(坂口健太郎)が明葉(清野菜名)に渡した指輪が話題です!

シチュエーション的に、明葉にとってはとても切ないシーンとなりましたよね。

さらにSNS上では、百瀬が渡した指輪のブランドについて注目されていました。

 

というわけで今回は、

「婚姻届に判を捺しただけですが」第4話の指輪のブランドはカルティエでいくら?

について調べます!

スポンサーリンク

「婚姻届に判を捺しただけですが」第4話の指輪のブランドはカルティエでいくら?

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話、百瀬柊(坂口健太郎)が明葉(清野菜名)に渡した指輪のブランドは、カルティエです。

この赤い箱がやはり有名ですよね。

 

ちなみにこの指輪、カルティエの「バレリーナ」という種類のものだと思われます。

カルティエのバレリーナといえば、カルティエのなかでも花嫁さんに大人気の指輪!

憧れているかたも多いのではないでしょうか^^

偽装結婚の指輪なのに、カルティエを選ぶとは、オシャレすぎますよね!(笑)

 

このカルティエのバレリーナですが、プラチナ石つきで1本22万円から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#fuyuko(@fuuuyuchan)がシェアした投稿

Twitterでも、カルティエを選ぶ百瀬に、「さすが大手広告代理店勤務だ」という声が続出。

実際に広告代理店最大手の30代の年収は1,000万を超えているという話もあるようですから、百瀬もその可能性がありますね(笑)

だとしたら、偽装結婚でもカルティエを購入できてしまうのでしょうww

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

「婚姻届に判を捺しただけですが」第4話の指輪のブランドはカルティエでいくら?

について調べました。

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第4話、百瀬柊(坂口健太郎)が明葉(清野菜名)に渡した指輪のブランドは、カルティエのバレリーナだと思われます。

このカルティエのバレリーナですが、プラチナ石つきで1本22万円から。

 

百瀬は大手広告代理店勤務ですから、偽装結婚の指輪でもカルティエの指輪もなんなく買えてしまうのでしょうね(笑)

しかし、結婚指輪にカルティエのバレリーナを選ぶあたり、百瀬はさすがです^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました