「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話で坂口健太郎が抱いていた抱き枕は?

ドラマ

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話で、主人公の大加戸明葉(清野菜名)の妄想で、百瀬柊(坂口健太郎)が、アニメの女の子が描かれていた抱き枕に抱き着いていました。

 

イケメンがアニメの女の子が描かれていた抱き枕に抱き着いているなんて、突っ込みどころ満載の笑えるシーンで、印象に残った人も多いですよね。

しかもこの抱き枕、番組オリジナルキャラではないようです!

 

今回は、

「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話で坂口健太郎が抱いていた抱き枕は?

について調べます!

スポンサーリンク

「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話で坂口健太郎が抱いていた抱き枕は?

百瀬柊(坂口健太郎)が、アニメの女の子が描かれていた抱き枕に抱き着いていました。

この抱き枕、てっきり番組の小道具だと思っていましたが、実在していました!

「五等分の花嫁」の二乃の可能性が高いですね!

 

というわけで、実際に商品を探したところ、それらしい抱き枕を見つけました!

詳細はコチラ 

こちらの商品の可能性が高いですね^^

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話では、くすっと笑えるシーンが多く、楽しく見られるドラマですね!

今後の展開も楽しみです^^

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話で坂口健太郎が抱いていた抱き枕は?

について調べます!

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話で、主人公の大加戸明葉(清野菜名)の妄想で、百瀬柊(坂口健太郎)が、アニメの女の子が描かれていた抱き枕に抱き着いていました。

 

この抱き枕は、番組の小道具ではなく、実在する商品のようです。

抱き枕は、「五等分の花嫁」の二乃の可能性が高いです。

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」は、くすっと笑えるシーンが多く、楽しく見られるドラマですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました