大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはどうなった?オススメの場所をご紹介します

大津谷 キャンプ

東海から関西にかけて人気のキャンプ場、岐阜県池田町にある大津谷公園キャンプ場。

2020年新型コロナウィルスを理由に一時閉鎖されてから、2021年6月より大津谷公園キャンプ場は有料化で再開されました。

無料の時は、平日でもすごく大勢の人たちがキャンプをしていて、場所取りも争奪戦でした。

 

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはしやすくなったのでしょうか?

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は?

 

最新情報をまとめます!

スポンサーリンク

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはどうなった?オススメの場所をご紹介します

以前は無料だったため、休日はおろか平日も大津谷公園キャンプ場の場所取りはとても大変でした。

この投稿を見ても所狭しとテントが張られていますよね。

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはしやすくなったのでしょうか?

 

また、大津谷公園キャンプ場の有料化で場所取りは、以前人気だった場所とは変化しているようです。

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所はどこなのでしょうか?

 

大津谷公園キャンプ場有料化で、場所取りはしやすくなった!
大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は、駐車場から近い場所!

 
今回は実際に、お盆のハイシーズンに大津谷公園キャンプ場を訪れてみました!
 

現在の大津谷公園キャンプ場の様子から、場所取りについてお話ししますね^^

スポンサーリンク

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはしやすくなった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

山崎 健太郎(@kawarayakenchan)がシェアした投稿

大津谷公園キャンプ場有料化になって利用した人を見てみると

人も少なく快適だった!

大津谷公園キャンプ場の有料化で

管理されて以前より利用しやすくなった

という声が多く聞かれます。

 

大津谷公園キャンプ場の場所取りですが、以前と変わらずフリーサイトのままです。

しかし「大津谷公園キャンプ場の場所取りはチェックイン前禁止」というルールが、新たに決められました。

 

少し早めに着いてしまいそうなんですが、チェックインは可能でしょうか?
チェックイン前の場所取りはお断りしております。占有行為を伴わない散策などは可能です。

大津谷公園キャンプ場公式ホームページより引用

 

占有行為というのは、テント、コンロ、シート(レジャーシート含む)等の設置を指します。

そのため、チェックイン時間の11時より前に、場所取りすることはできません。

 

大津谷公園キャンプ場の有料化に伴い、場所取りの時間がルール化されたことで、以前より使いやすくなりましたね^^

スポンサーリンク

お盆のハイシーズン(2021年)の大津谷公園キャンプ場の様子は?

大津谷公園キャンプ場有料化に伴い、場所取りの時間が明確に決められてルール化されました。

とはいえ、利用者が多ければ場所取りが大変なのはかわりないですよね。

 

というわけで、お盆のハイシーズン(2021年)に、大津谷公園キャンプ場を訪れてみました!

大津谷画像

お盆のハイシーズンですが、人が多くなく、ゆったりとテントが張れるスペースがありますね^^

スポンサーリンク

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は駐車場から近い場所!

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は、駐車場から近い場所です。

荷下ろしが楽ですからね。

 

以前、無料の時も車が停められる場所から近いエリアは、やはり人気でした。

しかし、今回大津谷公園キャンプ場有料化に伴い、駐車場の場所が変更になっています。

 

大津谷画像

この場所は、駐車場ではありません。

ただ、無料だったときは、路上駐車している車でいっぱいでした。

 

その真向いには、砂利のエリアがあります。

荷下ろしが最短距離でできて、水場やトイレも近いこともあり、ここが一番人気のエリアでした。

 

しかし、大津谷公園キャンプ場有料化に伴い、ここは駐車禁止エリアとなりました。

車の通行自体も不可です。

大津谷

そのため今は、駐車場から近い山側のエリアが人気となっているようです。

スポンサーリンク

まとめ

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りはどうなった?

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は?

という点について、大津谷公園キャンプ場にお盆のハイシーズンに足を運んで調べてみました^^

 

大津谷公園キャンプ場有料化で、場所取りの時間がルール化されたことで、場所取りしやすくなりました!

またお盆のハイシーズンでも、混雑しておらず、場所取りに困ることはなさそうです^^

 

大津谷公園キャンプ場有料化で場所取りでオススメの場所は、駐車場の近くです。

大津谷公園キャンプ場有料化に伴い、以前、路上駐車の多かった場所は、車の通行が禁止されています。

そのため、駐車場から近い山側のエリアが人気になっています。

 

昨今のキャンプブームによる利用者の大幅な増加を背景に、ゴミや炭の放置といった利用者マナーの悪化などが問題視されてきた大津谷公園キャンプ場。

有料化で再開されましたが、利用するときは、ルールを守って気持ちよく過ごしたいですね^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました