アバランチ第2話でてきたクメール語とは?壁にはなんと書いた?

アバランチ第2話で、いきなりマンションの壁にクメール語を書く女性。

クメール語とはいったい?

そしてこのクメール語、壁にはなんて書いてあったのでしょうか?

気になりますね!早速調べました。

スポンサーリンク

アバランチ第2話でてきたクメール語とは?壁にはなんと書いた?

クメール語(クメールご、ភាសាខ្មែរ)は、オーストロアジア語族のモン・クメール語派に属する言語。
カンボジアでは、全人口の約9割を占めるクメール人(約1400万人)が用い、カンボジアの国語および公用語となっている。
さらに、隣国タイ、ベトナム、ラオスのカンボジアとの国境に近い地域にも母語とする人々(約200万人)が住む。
また、アメリカ、フランス、カナダ、オーストラリアなどの第三国に、(約23万人)の話者が定住している。

Wikipediaより引用

ドラマの創作の言語かとおもったのですが、実際にカンボジアあたりで使われている言葉です。

スポンサーリンク

アバランチ第2話でてきたクメール語で壁にはなんと書いた?

アバランチ第2話ででてきたクメール語、壁になんて書いてあったかを調べていますが、まだ有力な情報はでていません。

なかなかクメール語を読める人はいないですよね…!

 

壁に書いたクメール語は「大志を抱け」だったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

アバランチ第2話でてきたクメール語とは?壁にはなんと書いた?を調べました。
クメール語は、主にカンボジアで使用されている言語です。
アバランチ第2話で壁に書いたクメール語に関しては、「大志を抱け」だったそうです。
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました