男たちの挽歌 - A BETTER TOMORROW

ABOUT THE MOVIE 作品情報

イントロダクション
ストーリー
キャスト&スタッフ
人物相関図

STORY ストーリー

 数年前、北朝鮮からの脱出を志したことにより、生き別れになってしまった仲の良い兄弟がいた。その後、脱北に成功した兄のヒョク(チュ・ジンモ)は、コリアン・マフィアの世界に入り、同じく北朝鮮出身の元特殊部隊員のヨンチュン(ソン・スンホン)とともに、釜山を拠点にする武器密輸組織を支える大物として暗躍していた。しかし、巨万の富と権力を手にしたヒョクでも、毎晩夢にうなされるほど気がかりなものがあった。それは脱北に失敗し、行方不明になっていた弟・チョル(キム・ガンウ)の存在だ。

 アジア各国のブローカーを通じて、チョルの消息を探していたヒョクのもとに、父親のように世話をしてくれるパク警部(イ・ギョンヨン)から「弟が見つかった」という連絡が入る。収容所で母を失った彼はその後、脱北し、タイからミャンマー、モンゴルを経て、韓国に入国したところを発見されたのだ。その後、ヒョクはチョルと感動の再会を果たすものの、家族を裏切った自分に対し、殺意にも似た深い憎しみを持っていた弟の姿を目のあたりにする。そして、ヒョクは組織を離れることを決心するのだった。

 ヒョクの最後の仕事となる、タイでの大規模な取引。組織のボスであるチョン社長(キム・ヘゴン)に頼まれ、彼はチョン社長の甥で気弱な性格のテミン(チョ・ハンソン)を同行させることになった。だが、日頃からヒョクに嫉妬心を抱いていたテミンの企てた策略にハマり、取引は失敗。そのまま、ヒョクだけが地元警察に逮捕されてしまう。一方、ヒョク逮捕のニュースを知ったヨンチュンは、単独でタイ・マフィア相手にヒョクの敵討ちを行う。だが、右脚に重傷を負うばかりでなく、テミンの手により組織を追われてしまうのだった。

 それから3年……。今やロシアン・マフィアとの取引により、勢力を拡大した組織を支えているのはテミンだった。冷酷無比な性格が露わになった彼に対し、伯父のチョン社長でさえも逆らうことができなくなっている。そして、兄を自分の手で逮捕するという想いを胸に、韓国警察に所属する刑事になったチョルは、1年間テミンの動きを追っていた。一方、タイの刑務所を出所し、釜山に戻ってきたヒョクはヨンチュンと再会を果たす。だが、ヨンチュンは右脚を引きずりながら、組織が経営する駐車場の洗車係として働くという以前とは変わり果てた姿になっていた。この3年間、ヒョクが戻ってくることを待ちわびていたヨンチュンは、テミンとロシアン・マフィアとの取引現場を襲撃する計画を持ちかける。

 

 自分たちを裏切ったテミンに復讐することで、失われた誇りを取り戻そうとするヨンチュン。そんな彼の言葉に戸惑いながらも、今度こそ愛する弟との絆を取り戻そうと誓うヒョク。テミンの捜査班から外され、単独捜査を始めたチョル。自らの野望のため、行く手を阻もうとするヨンチュンやチョルの命を虎視眈々と狙うテミン。  4人の男、それぞれの熱い想いが、魂をも揺らすクライマックスへと向かっていく……。